• カテゴリ 講解説教(新約) の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

メッセージ - 講解説教(新約)カテゴリのエントリ

ヨハネによる福音書 講解説教

名乗るほどの者ではない私に出来る事は、ただ、キリストのあかしだけ(ヨハネ21:20-25)

Youtube動画

21:20 ペテロはふり返ると、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのを見た。この弟子は、あの夕食のときイエスの胸近くに寄りかかって、「主よ、あなたを裏切る者は、だれなのですか」と尋ねた人である。
 
ヨハネは、自分の事を、「イエスの愛しておられた弟子」と言って、名前を伏せている。
私達がイエス様を明かししていく上で何かをしたとしても、私達は、ヨハネの姿勢にならって、
「名前?名乗るほどの者ではない」
というスタンスでいるべきだ。
 
後世の神学者の間で、「ヨハネの福音書は誰が記したか?」という議論も起こったが、そんな事に係る必要は無い。
私達はただ、イエス様に従って、イエス様のあかしをすれば良い。
 
21:21 ペテロはこの弟子を見て、イエスに言った、「主よ、この人はどうなのですか」。
21:22 イエスは彼に言われた、「たとい、わたしの来る時まで彼が生き残っていることを、わたしが望んだとしても、あなたにはなんの係わりがあるか。あなたは、わたしに従ってきなさい」。
21:23 こういうわけで、この弟子は死ぬことがないといううわさが、兄弟たちの間にひろまった。しかし、イエスは彼が死ぬことはないと言われたのではなく、ただ「たとい、わたしの来る時まで彼が生き残っていることを、わたしが望んだとしても、あなたにはなんの係わりがあるか」と言われただけである。
 
兄弟たちは、イエス様の言葉から拡大解釈した。
しかしヨハネは、イエス様の御言葉をそのままその通り、暗唱して語った。
私達は、イエス様の言葉に「何やかや」を付け足したがるが、人はどうこう評価するか、という事は、重要ではなく、主から与えられた使命を全うするために生きて、そして、使命のために死ぬ事こそ、主の目に尊い事なのだ。
 
イエス様を間近で見たヨハネは、福音書の最後に、こう記した。
 
21:24 これらの事についてあかしをし、またこれらの事を書いたのは、この弟子である。そして彼のあかしが真実であることを、わたしたちは知っている。
21:25 イエスのなさったことは、このほかにまだ数多くある。もしいちいち書きつけるならば、世界もその書かれた文書を収めきれないであろうと思う。
 
そう、世界は、主イエス様について、書き記すことは出来ないし、有限な世界は、無限なるお方について書き記すには、とうてい、分量が足りない。
なぜなら主は、世界よりも大きいお方であり、世界は、主によって創られたからだ。
 
この有限世界の下で、私達に与えられた、限られたいのちの時間の中でするべき分は、イエス様をあかしする事である。
 
聖書の中であかしされている主は、確かにすごい。
しかし、聖書に記されていない、主のわざの数々、すなわち、この歴史の中で主が為されて来たわざの数々は、私達の想像をはるかに超えて、さらにすごい。
 
その、時空を超えて今も生きて働かれるイエス様のすごいわざを垣間見、体験できるのが、今を生きる私達である。
 
聖書は、私たちが永遠のいのちを得る秘訣のみならず、生活において、働きにおいて、人間関係において、戦いにおいて、生きる上で知るべき必要最低限の知識が、ぎっしり詰まっている。
そして、全て抱えている問題の解決の道も、また、今まで失敗してしまったその全ての原因までも、全部、記されている。
 
私達は、御言葉を通して、私達と共にいて下さる主の存在を認め、主を仰ぎつつ生きるなら、この世に生きている間に必要なすべての知恵と知識を得る事が出来、そして、主のためになした事こそ、永遠に残るのだ。

御前で誇る事のできる冠 - 人を得て、人を育て、人を残す。(ヨハネ21:15-22)
Youtube動画

(2019-10-31祈祷会)
_________________ 
 
ヨハネ21:15 彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に「わたしの小羊を養いなさい」と言われた。
21:16 またもう一度彼に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。彼はイエスに言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を飼いなさい」。
21:17 イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。
21:18 よくよくあなたに言っておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所へ連れて行くであろう」。
21:19 これは、ペテロがどんな死に方で、神の栄光をあらわすかを示すために、お話しになったのである。こう話してから、「わたしに従ってきなさい」と言われた。
21:20 ペテロはふり返ると、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのを見た。この弟子は、あの夕食のときイエスの胸近くに寄りかかって、「主よ、あなたを裏切る者は、だれなのですか」と尋ねた人である。
21:21 ペテロはこの弟子を見て、イエスに言った、「主よ、この人はどうなのですか」。
21:22 イエスは彼に言われた、「たとい、わたしの来る時まで彼が生き残っていることを、わたしが望んだとしても、あなたにはなんの係わりがあるか。あなたは、わたしに従ってきなさい」。
 
1テサロニケ2:19 実際、わたしたちの主イエスの来臨にあたって、わたしたちの望みと喜びと誇の冠となるべき者は、あなたがたを外にして、だれがあるだろうか。
2:20 あなたがたこそ、実にわたしたちのほまれであり、喜びである。
 
2コリント11:2 わたしは神の熱情をもって、あなたがたを熱愛している。あなたがたを、きよいおとめとして、ただひとり男子キリストにささげるために、婚約させたのである。
11:3 ただ恐れるのは、エバがへびの悪巧みで誘惑されたように、あなたがたの思いが汚されて、キリストに対する純情と貞操とを失いはしないかということである。
 
ピリピ2:12 わたしの愛する者たちよ。そういうわけだから、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、いない今は、いっそう従順でいて、恐れおののいて自分の救の達成に努めなさい。
2:13 あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。
2:14 すべてのことを、つぶやかず疑わないでしなさい。
2:15 それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。
2:16 このようにして、キリストの日に、わたしは自分の走ったことがむだでなく、労したこともむだではなかったと誇ることができる。
2:17 そして、たとい、あなたがたの信仰の供え物をささげる祭壇に、わたしの血をそそぐことがあっても、わたしは喜ぼう。あなたがた一同と共に喜ぼう。
2:18 同じように、あなたがたも喜びなさい。わたしと共に喜びなさい。
 

愛の帯で捕らえて下さるイエス様(ヨハネ21:1-14)
Youtube動画 / 音声

(主日メッセージ2019-10-31)

使徒トマス(ヨハネ20:24-31)
Youtube動画
メッセージ音声

(2016-4-16祈祷会)

 早天礼拝

御言葉の全てから、イエスを見出し、伝えたパウロ(使徒13:13-41)

Youtube動画

 

聖霊に送り出され、聖霊に導かれ、聖霊によって働く教会(使徒13:1-12)

Youtube動画

 

厳重な世の体制を出し抜いた、おっちょこちょいな教会(使徒12:12-25)

Youtube動画

 

 

早天礼拝

御言葉が「謎」でなはなく、はっきり分かるようになるために(ヨハネ16:25-33)

Youtube動画

_________________ 
16:25 わたしはこれらのことを「比喩(パロイミア:真意を隠した表現、謎)」で話したが、もはや比喩では話さないで、「あからさまに(パレースィア:自由に、大胆に、あからさまに、公然と)」、父のことをあなたがたに話してきかせる(カナゲロー:表明する、マニフェストする)」時が来るであろう。
 
15:14 あなたがたにわたしが命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。
15:15 わたしはもう、あなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人のしていることを知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父から聞いたことを皆、あなたがたに知らせたからである。

 

ルカ24:45 そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて

24:46 言われた・・・

24:52 彼らは〔イエスを拝し、〕非常な喜びをもってエルサレムに帰り、

24:53 絶えず宮にいて、神をほめたたえていた。

 

 

ヨハネ16:33 これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。

1ヨハネ4:4 子たちよ。あなたがたは神から出た者であって、彼らにうち勝ったのである。あなたがたのうちにいますのは、世にある者よりも大いなる者なのである。

4:5 彼らは世から出たものである。だから、彼らは世のことを語り、世も彼らの言うことを聞くのである。

 

早天礼拝

「しもべ」を通してご自身をあらわしてくださるイエス(使徒10:24-33)

Youtube動画

 

 早天礼拝

御霊が来るとどうなるか(ヨハネ16:1-16)

Youtube動画

メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
メッセージ音声
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2020/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2022 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest