メッセージ - 闇の中で病が忍び寄る時の過ごし方(詩篇91篇)

闇の中で病が忍び寄る時の過ごし方(詩篇91篇)

カテゴリ : 
礼拝メッセージ説教音声配信 » 主日礼拝
執筆 : 
pastor 2020-2-9 20:50

主日礼拝
闇の中で病が忍び寄る時の過ごし方(詩篇91篇)
第一礼拝 Youtube動画
週報/メッセージ(説教)概要

今、中国武漢に端を発するコロナウイルスで全世界が恐怖に包まれている。ウイルスは目に見えないし、今回のウイルスは潜伏期間が長いので、一体誰が感染しているのか、もしかしたら自分も?と、死の恐怖が闇の中から忍び寄っているような恐ろしさがある。店からも、マスクや消毒液は売り切れている状況だ。
 この時期、私達キリスト者は、いかに過ごして行くべきか。今日、あらゆる災いから守られるコツを得たい。
 
 結論から言うと、最も有効な防護方法は、詩篇91篇を、各自、信仰を混ぜて宣言し、いと高き神に身を避ける事である。マスクは売り切れるし、ウイルスはマスクの隙間からも入って来るが、信仰の大盾は売り切れる事が無く、迫りくるウイルスも、悪霊が放つ火の矢も、無効化させられる。毒を受けても害を受けず、むしろ病人に手を置けば、病人は癒やされるのが、信じる者に与えられるしるしである。(マルコ16:18)
 詩篇91篇には、とても強力な保証が書いてある。いと高き方の隠れ場に住む人、全能者の陰にやどる人は、闇の中を歩き回る疫病も、真昼に襲う滅びをも、千人の人が右手に、万人の人が傍らに倒れる時さえ、災いが襲うことはない。 第2次世界大戦下、イギリスのウイットルゼイ大佐は、この詩篇91篇を部下全員に暗唱(テフィリン)させ、毎日祈らせた結果、銃弾が飛び交う戦場で5年間、一人の死者も出さなかった。
 主は、その御翼の陰を避け所とし助けを求めに来る人には、御翼を広げ、その人を覆ってくださる。神の真理がその人の盾となり、夜の恐怖も、昼に飛び来る矢も恐れることはない、と書いてある。
 
 人は、蔓延する疫病は、無差別に誰も彼もに襲いかかる、と思いがちだが、主は無差別なお方ではない。出エジプト記や民数記などを見ると、災いや病が起きる時、必ず人の側に、主に対する罪があり、また、病や災いで真っ先にやられた人は、主が立てられた指導者モーセに逆らったり、文句を言ったり、主の御言葉に逆らった人達だった。病がはびこる時、そこに込められた主のメッセージに、耳を傾けるべきである。
 コーエンの中国宣教をした方からの報告によると、武漢は2019年、教会迫害が最もひどく、48の地下教会を強制的に閉鎖させた地域で、中国宗教規制政策の模範地指定までされた。年末には、ほぼ全てのキリスト教宣教師が追放されており、中国全体のどの地域より、キリスト教弾圧がひどかったという。
 しかしこの度のウイルス騒ぎでは、宗教規制を実行する部門の最高位だったその人が、真っ先にウイルスで死んだという。「あなたはただ、その目をもって見、悪しき者の報いを見るだけである。」(詩篇91:8)
 主は、好きこのんで人々に災いを下されるお方ではないし、災いは誰にも彼にも降されるわけではない。
主に忠実な人は、災禍のたとえ中心地にいても、無事である。
 イスラエルが罪を犯し、サタンがダビデをそそのかして民の数を数えさせた時、イスラエル全土で、7万人もの人々が疫病で倒れた時、御使いがエブス人・オルナンの打ち場に立ち、抜き身の剣をエルサレムの上に差し伸べていた(1歴代誌21章)。その災いの中心地である打ち場にいたオルナンは、何の害も受けず、その傍らで麦打ちしていた。そこに主君・ダビデ王が来た時、彼はすぐに出て来て、ひれ伏した。
 オルナンは、普段から仕事に、また主が立てられた権威に忠実であったばかりではない。彼はいつでも、主に全てを捧げる心備えががあった(22節)。 このように忠実で、主を愛する人を、主は助けて下さる。
 『彼はわたしを愛して離れないゆえに、わたしは彼を助けよう。彼はわが名を知るゆえに、わたしは彼を守る。彼がわたしを呼ぶとき、わたしは彼に答える。わたしは彼の悩みのときに、共にいて、彼を救い、彼に光栄を与えよう。わたしは長寿をもって彼を満ち足らせ、わが救を彼に示すであろう。』(詩篇91:14)
 また、人々を救うために働き、執り成し祈る人にも、主は守りの保証を与えて下さる。モーセの時代、人々が主に逆らった故に疫病が起こり、人々がばたばた倒れて行く中、大祭司アロンは祭壇から火を取り、死んだ人達と生きている人達の間に走って行って祈りの香を焚いた時、疫病が止んだ(民数記16:41-50)。
この時、アロンは生きている人と死んだ人の間に立ったのに、彼は病とは無縁だった。
 
 私達は、まことのほふられた小羊であるキリストの十字架の血潮の元に、避けどころを求めるべきである。
オルナンのように、与えられた仕事と権威に忠実で、いつも主を愛し、主に捧げる心を持ち、そしてアロンのように、苦しんでいる人達のために祭司としてとりなし祈り、この事によって主への悔い改めが沸き起こり、主への栄光が捧げられる形で、収束に向かう事を祈りつつ、この時期を過ごす皆さんでありますように!

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
メインメニュー
礼拝ライブ中継

礼拝ライブ中継!

礼拝ライブ中継!

過去の礼拝映像も視聴できます

メッセージ
Twitter
このページを紹介!

 
 
 
礼拝週報
携帯メールで毎日メッセージを購読!無料!

以下コードを読み込み、空メールを送信すれば登録できます。

パソコン/ウィルコム/スマートフォンで受信:以下にメールアドレスを入力下さい。

メルマガ購読・解除
日々のバイブルメッセージ
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
Podcast

以下画像をitunesへドラッグすれば、更新が自動的にPodcast配信されるようになります。

※2016/1/1より以前に登録された方は、再度、以下Podcast画像をitunesへドラッグする必要があります。

 主日礼拝ポッドキャスト

定期祈祷会ポッドキャスト

その他音声 ポッドキャスト

天声モバイルサイト!

検索
Copyright ©Yokohama Voice of Christ Church 横浜天声キリスト教会
All Rights Reserved.
 〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通公園-201
TEL/FAX:045-326-6211

ephes_03-tensei@ yahoo.co.jp
© 2019 Powered by XOOPS Cube 2.1
Welcome Guest